DMMバーチャルオフィス横浜店の詳細情報/評判

DMMバーチャルオフィス横浜店

物件詳細情報

所在地神奈川県横浜市神奈川区金港町
最寄り駅横浜駅徒歩2分
初期費用10,500円(保証金+入会金)
月額費用660 円〜/月
オフィス形態バーチャルオフィス
運営会社合同会社DMM.com
登記登記可能
郵送物転送可能
会議室利用可能
受付なし
法人銀行口座実績多数
DMMバーチャルオフィス横浜のポイント

DMMバーチャルオフィス横浜の主な特徴は以下の通りです:

アクセスの利便性:DMMバーチャルオフィス横浜は、ビジネスエリアとして知られる横浜駅から徒歩2分の場所に位置しています。これにより、利用者は交通の便利さを享受できま​​す。

低コスト:月額660円からの料金設定で、格安でオフィスを利用できる点が大きな魅力です。これは業界でも最安水準とされています。

スマートフォンでの便利なシステム:「スマホでオフィス」というコンセプトの下、郵便物の転送やオフィスに必要な機能をスマートフォン経由で利用できる点が特徴です。

会員特典:タイムシェアリング貸し会議室やレンタルスペースの利用が可能で、全室20%OFFのクーポンも提供されていま​​す。

一等地住所:ビジネス上のメリットを考慮し、一等地に位置することで企業の信頼性やブランドイメージの向上に貢献します。

以上のポイントから、DMMバーチャルオフィス横浜はアクセスの良さ、低コスト、スマートフォンを活用した便利なシステム、豊富な会員特典、一等地というロケーションにより、多様なビジネスニーズに対応する魅力的なオフィスソリューションと言えます。

DMMバーチャルオフィス横浜店のプラン

プラン月額
ネットショップ支援プラン660 円/月
ビジネスプラン2,530 円/月
ライトプラン1,650 円/月

ネットショップ支援プラン

660 円/月

ネットショップで出店する際に、特商法の表記と発送元伝票にご利用いただけます。
返品・宛先不明郵便で発送元に戻ってきたお荷物は、当日中に通知します。

※ネットショップ運営と関連しない郵送物/荷物は転送できません。
<受取可能郵送物>
・返品商品
・宛所不明、記載住所不備で返送されたもの
・個人事業主としての税金関係書類
上記以外の郵送物を受取ご希望の場合はビジネスプランをご利用ください。

  • 郵送物転送
    • 転送は週1回(水)を予定しております。(オプションにて即時転送や着日指定転送等も可)
    • 郵送物の転送費用は別途お客様ご負担となります。
    • 受け取り出来ないお荷物がございますので、予めご確認ください。

貸し会議室が使える

利用料1,000円(税抜)/1時間
(最低予約枠:1時間)
設備テーブル(1台) 、イス(6脚)、Wi-Fi、コンセント
収容人数6名
貸し出しモニター(23インチ)
USB-C Digital AV Multiportアダプター
予約方法会員サイトより予約

オプションサービス

宛名追加

1件あたり 1,650 円/月

ペンネーム やショップ名など、
ご登録名以外で郵送物の受取が
必要な場合におすすめ1アカウントにつき1屋号まで無料登録可能
会員サイトからお申し込みできます

AI秘書自動応答サービス

1,650 円/月

AIが代わりに電話に出てくれる
電話代行サービス

転送カスタマイズ

0 円〜

転送頻度と転送日をご自身の
オリジナルにカスタマイズが可能

らくらくHP作成サービス

1,980 円/月〜

ビジネスに集中したい方に向けた
専門知識不要で簡単に自分の
ホームページ作成が可能なサービス

DMMバーチャルオフィス横浜店の評判・口コミ

横浜駅から徒歩2分の好立地にあり、月額660円から利用できるリーズナブルな料金が魅力です。

問い合わせや手続きの際には、丁寧で迅速な対応をしてもらえました。

料金が安いのに、登記も可能で、郵便物の転送もしてくれるので、コストパフォーマンスが良いと思います。

周辺環境


神奈川県横浜市神奈川区金港町5丁目は、横浜駅から徒歩2分ほどの場所に位置する、ビジネス拠点として人気のエリアです。JR横浜駅、東急東横線横浜駅、京急本線横浜駅が乗り入れており、全国各地へのアクセスが良好です。また、横浜駅周辺には、大手企業のオフィスビルや商業施設が立ち並び、ビジネスの拠点として最適な環境です。

DMMバーチャルオフィス横浜は、JR横浜駅から徒歩2分ほどの場所に位置しています。周辺には、大手企業のオフィスビルや商業施設が立ち並び、ビジネスの拠点として最適な環境です。また、横浜駅周辺には、みなとみらいや中華街などの人気エリアも近くにあり、リフレッシュにも適しています。

横浜をビジネスの拠点にするメリット

詳しくはこちら

横浜をビジネスの拠点に選ぶことには多くのメリットがあります。

交通のアクセス:横浜は東京都心からも近く、首都圏の主要部へのアクセスが容易です。また、羽田空港への近さも国際的なビジネスの展開に有利です。

国際都市としての地位:横浜は国際的な港町として知られ、外国企業や外国人労働者が多く、グローバルなビジネス環境を提供しています。これは多文化への理解と国際的なネットワーク構築に役立ちます。

ビジネスインフラの充実:横浜には多くの商業施設やオフィスビルが集中しており、企業のオフィス立地に最適です。また、会議施設、展示場、ホテルなどのビジネスに必要なインフラが整っています。

経済活動の活発さ:横浜は経済的に活発な都市で、多様な産業が存在します。これにより、ビジネスの機会が多く、様々な業種の企業との協力やシナジーが期待できます。

高い生活の質:横浜は住みやすい都市としても知られており、労働者にとって魅力的な居住地です。これは優秀な人材の確保に有利に働きます。

政府や自治体の支援:横浜市は企業の誘致やビジネスの発展を積極的に支援しており、補助金や税制上の優遇措置などの支援を受けやすい環境があります。

これらの要因により、横浜はビジネスの拠点として非常に魅力的な選択肢となります。企業がグローバルな視点での展開を考える際や、多文化的な市場へのアクセス、高度なビジネスインフラを求める場合に特におすすめです。

横浜市の創業支援制度

詳しくはこちら

横浜市では、新たなビジネスを始める起業家を支援するための多様な制度を提供しています。これらの創業支援制度の主な特徴は以下の通りです:

  1. 創業セミナーと研修プログラム:横浜市では、起業を考えている人のためのセミナーや研修プログラムを定期的に開催しています。これらのプログラムは、ビジネスプランの作成、マーケティング戦略、財務管理など、起業に必要な知識やスキルを提供します。
  2. 専門家による個別相談:経営コンサルタントや税理士などの専門家が、ビジネスプランの策定、資金調達、法律や税務に関するアドバイスを提供します。これにより、具体的なビジネスの問題点を解決するサポートが得られます。
  3. 資金調達の支援:起業に必要な資金調達をサポートするため、横浜市では補助金や助成金のプログラムを提供しています。これらの金融支援は、新規事業の立ち上げや運転資金の確保に役立ちます。
  4. インキュベーション施設の提供:起業家やスタートアップ企業には、低コストでオフィススペースや共同作業スペースを提供するインキュベーション施設の利用が可能です。これにより、初期投資を抑えながらビジネスを展開することができます。
  5. ネットワーキングイベントの開催:横浜市は起業家間の交流を促進するために、ネットワーキングイベントやビジネスマッチングの機会を提供しています。これにより、ビジネスパートナーや投資家との出会いが期待できます。
  6. 地域特化型の支援:横浜市では、地域特性に合わせたビジネス支援を行っています。例えば、国際都市としての特性を活かした外国人起業家向けの支援や、特定の産業クラスターに特化した支援などがあります。

DMMバーチャルオフィス各店舗紹介記事

銀座渋谷横浜大阪梅田福岡天神名古屋

この記事を書いた人

木本旭洋のアバター 木本旭洋 株式会社イールドマーケティング代表取締役

株式会社イールドマーケティング代表。大手広告代理店でアカウントプランナー、スタートアップで広告部門のマネージャーを経験後、2022年に当社を創業。バーチャルオフィスとレンタルオフィスの利用経験者。